越後妻有大地の芸術祭 JIKU #013 HOKUHOKU-LINE

越後妻有大地の芸術祭
November 05, 2021
新潟県越後妻有で開催され、1年を通してアートを媒介に地域の価値を発信し、地域再生を目指す「大地の芸術祭」。
本芸術祭で発表されるPanoramatiks/齋藤精一の作品は、都市開発や地形の変化などで見えなくなった地域の軸や、視点の軸・歴史の軸を光で表現するプロジェクトシリーズ「JIKU」から、地元の北越急行ほくほく線の美佐島駅を舞台としたもの。1997年に開通して以来、新たな地域とのつながりを生み出してきたほくほく線の軌道を使って、地点と地点を結ぶことの尊さやエネルギーを表現。特別列車の前後に設置された照明装置によって、真っ直ぐに伸びるトンネルが音と同期して照らされる。特別列車に乗車した人だけが鑑賞できる体験展示作品である。

公開日:2021年11月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
公開方法:北越急行ほくほく線特別臨時列車に乗車して美佐島駅で作品鑑賞
場所:北越急行ほくほく線美佐島駅(〒948-0000 新潟県十日町市午)※鑑賞には電車の利用が必要


参考写真:
JIKU#006 MIND TRAIL2020 | 吉野
Photo, Yuta Togo